忘れていたけど急に寒くなる秋の日

昨日は大山で初冠雪とか。今年の冬は寒くて雪が多いとか。今朝なんて裏の畑に霜が!?なんて間違えたり。暑い、暑いと言っていた日からそんなに日にちはたっていないのに、急に寒くなるこの変化はなかなかしんどいですね。忘れているだけで毎年そうなのかもと思ったりもします。

庭のマルバの木はもうすっかり赤く染まり、葉を落としはじめていますが、他の木々はまだこれから。ただ、台風が通ったときの塩の影響でピンオークの葉は茶に染まってきました。枯れ落ちていくものが多いなかで、うれしいのはリンドウの花が庭のあちこちで咲いていること。こぼれた種が散らばって今年は紫色の花をたくさんつけてくれました。

裏の畑からも、近くからも遠くからも、里芋、リンゴ、栗、蕪、そして葉野菜いろいろ届いています。美味しい秋はまだまだこれから堪能できます。心地よい秋の風、きれいな夕日に、高く白い雲に、朝晩の少しの冷え込みも、味わっていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。