旅するスペルト小麦

夫が育てたスペルト小麦を当時飯南町に住んでおられた森の圃ここぺり夫妻が継いでくれたのが2017年。飯南町を離れ、一緒に旅し続けたスペルト小麦は縁あって石垣島のヴィーガンカフェ【giving tree home】の自家製レーズン酵母パンとスコーンになって再び木次に戻ってきました。箱の中には手紙と白い貝殻と。『繋がるご縁に感謝します』一粒の種が数年経ち繋げてくれた出会い。自由に行き来できない今だからこそ思うこと たくさんあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。